サポーターズクラブ会員の『ゆか』さんによる、日々雑感。ご自身のサポート馬出走の思いや住まわれている札幌の情報をお送りします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表彰関係など、いろいろと。

久々のブログになってしまいました。相変わらずこんな感じですが、今年も当ブログをよろしくお願いいたします。
この間に色々と心を動かされる出来事があったのですが。列挙。

一番盛り上がったのはうさぎです うさぎ!!
門別競馬場のうさぎが、元気に真っ白になっているよ~~。
ホッカイドウ競馬 冬だより Part3
一番上の写真とか、見事に保護色。かわいい~

今、門別競馬場では場外発売をしているからスタンドに入ることができるんですよね。
ホッカイドウ競馬を愉しむ。さん
パドックにジンギスカンコーナーのテーブルが!!
近くを通ったら、寄ってうさぎちゃんを探したいと思っています。
今しか見る事の出来ない休催中の競馬場。早い時間なら、馬も調教に何頭か出ることもあるのでしょうか。わくわく。
そして、競馬場にウッドチップコースが出来ましたよ~!
昨年以上の2歳馬たちの活躍を楽しみにしたいですね。

と、バタバタしていたら白毛ちゃん「フラッシュリリーの2008」の馬名募集をすっかり忘れていました…(>_<)

ウェブハロンの高橋華代子さんのコラムによると、白毛ちゃんたち、そろって成田の乗馬クラブにいるんですね。
フラッシュリリーの仔だったか、白毛で米川厩舎に入ったけど走らなかった馬がいた覚えがあのですが、誰だったっけ…。
白毛ちゃんたち

いろいろと、各賞が発表になりました。おめでとうございます。
平成21年度北海道地方競馬優秀賞表彰

優秀調教師賞の第1位に輝いた、田中淳司厩舎。所属の服部騎手も優秀騎手賞第2位です。
☆JT-STABLE☆日記さんでは、お祝いのかわいいケーキが! パサパさんなのかしら…?
ブログでは日々明け2歳馬たちが紹介されていて、春の訪れを感じます。わくわく。

新規調教師に田部厩舎の安田武広さんが合格しました。
サンスポのコラム
田部先生の娘婿さんなのですね。安田寛・元調教師の息子で、安田歩 元騎手の弟さんだと聞きました。

NARグランプリでは、角川調教師が殊勲調教師賞!
NARグランプリ2009
開催日数も厩舎数も違うから、数だけで判断するのは難しいのでは…と思っていたら、今年から賞が増えていました。嬉しいなぁ。
でも、道営は開催後だから関係ないといえ、4月~3月というサイクルの地方競馬が、1月から12月までの結果でグランプリを決めてしまう、というのがなんとなく腑に落ちません。
ばんえいで強く思うんですよね。

最後になってしまいましたが、NARグランプリはラブミーチャン!!2歳牝馬の受賞ですよ~。
やはり、笠松からということで桜花賞に期待しちゃいますね。楽しみです。
ビッグバンも中央に挑戦するそうですね。芝はどうなのかな?また桑村騎手とのコンビを見たいなぁ…。

さて、以前マキバコさんがコメントしてくれたのですが、有馬記念の時期に日刊スポーツで連載されていた尾田瑞季さんのイラスト。最終日はコスモバルクでした。
ブログを見ていると競馬ファンぶりが伝わってきますね。このような気持ちを持った方が、バルクを押してくれているのがとても嬉しかったです。


誘導馬といえば川崎競馬場ですが。
「佐賀競馬に行こう!ブログ」さんによると、佐賀もクリスマス誘導馬。
クリスマスではないけれど、誘導馬のいなかったばんえいでもBG1に限り誘導馬が復活!この日はオークスなので、ウエディングドレスでしたよ。


馬産地の話。
毎年1月2日に行われていた、浦河神社の騎馬参拝が今年から場所を移動して行われました。
今までは階段を駈け上げるのが見所で、各地から観光客が集まっていました。私もずっと無理でしたが、ようやく今年は見に行けるかな、と思っていたのに…
日高育成牧場などを歩く、素敵な参拝になりましたよ。私は浦河の、この地区の風景がとても好きなんです。
ハッピーコンサイナーの熱き闘い!さん
でも、やっぱり注目度という点では、迫力も違うし、広い場所を移動するからあまりテレビなどにも出ていなくて。メディアに出ることだけがいい事ではないけれど、浦河はとても好きな町なので、多くの方に町を知ってほしいから。そういう点ではちょっと残念です。というより、浦河神社側の対応は、住民と主要産業との関係がどうなっているのかな?と思うと寂しくて…ううむ。

最後にショックな情報…
竹之上次男さんの地方競馬日替わりライターブログによると、園田に移籍したキャニオンショット。
JRA遠征を控えた調教中に、競走能力喪失の重症を負ってしまったそうです……。
トーセンファントムもそうですし、2歳時でこのような結果になってしまうのはなんともやりきれないですね…
関係者の方々も、競走馬を扱うということは危険と隣り合わせだとはいえ…辛いだろうなぁ。
スポンサーサイト

| HOME |

最近の記事


最近のコメント


リンク


Information


ブログ内検索


JBIS-Search


月別アーカイブ


Twitter

 


カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


RSSリンクの表示


着グルマー★点取り占い


カテゴリー


QRコード

QR


(C)2006 つぶ串ひとつ, All Rights Reserved.
(C)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.