サポーターズクラブ会員の『ゆか』さんによる、日々雑感。ご自身のサポート馬出走の思いや住まわれている札幌の情報をお送りします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばんえい競馬に存続の光が見えている

ホッカイドウ競馬ファンの集いの次の日、私は北見に行きました。
北見記念(B・G1)を見るためです。このような報道の中行くとは思ってもいませんでした。
ばんえい競馬…廃止の報道が流れていますが、まだ廃止と決まったわけではありません。それなのに廃止、廃止と言葉を並べる報道には憤りを感じます。どれだけその言葉が競馬場の人たちを悲しませ、混乱させていることか。
スポーツ報知にも掲載されていますが、帯広市長は「支援する企業が出てくるなど状況が変われば(単独開催での)存続に検討の余地がある」と発言しています。
私が競馬場に行って感じたことは、「ばんえいを守りたい」という多くの人の熱い思い。支援したいという馬主や企業も名乗りをあげている、と聞いていました。
北見駅で電車を待っている時に帯広市長の発言を電話で聞いたのですが、この事を踏まえての発言なのだと、私は存続にかなり近づいたと喜び、震えました。しかしこのことを報道するマスコミはこの時点ではなし。競馬場の人たちがだまされているのかと本気で落ち込みました。
次の日の朝新聞を見ると、廃止決定の記事を連ねた文の一番下にこっそり付け加えられた一文。「一方、砂川市長は民間企業の支援などの新たな動きが出れば、単独開催も検討していく可能性に言及した。」
マスコミは廃止派と手を組んでいるのかと、信じることをやめた瞬間です。

今、ばんえいを廃止させまいと多くの人が活動しています。報道に踊らされることなく、私はファンとして、頑張っている人たちを出来る限り応援していきます。こんなに頑張っている正直な人や馬たちを悲しませたくありません。
でも赤字なんでしょ?と思う方もいらっしゃるかもしれない。
ばんえい競馬側が存続のために提出した来年度の縮小案は報償費削減や組合解散などの厳しい内容で、それでも赤字には出来ない、市民の血税を使うわけにはいかない、とただばんえいを守るために作成されたものです。それを岩見沢市は受けいれず、というより市議会議長や市長に案が伝わっていなかったようなのですが。というかマスコミでもほとんど見ないし。だから来年度以降、赤字を出すということは考えられません。私たちも黒字化に向けて応援していきます!

さて、北見記念。その少し前にジャパンカップが行われていました。見たいけれど見ることをあきらめていたら、「バルク頑張れ!」との声。
次のレースの厩務員さんたちが集まりテレビでJCを見ていました。最後の直線。「あーっバルクだめか…。」
ディープが飛んできたあとも全員だまって「4着か…」
ばんえいの厩務員さんたちが、みんなでコスモバルクを応援していたことに感動しました。

北見記念を勝った馬はアンローズという牝馬です。顔もかわいいし、馬具はピンクで揃えているし、口取りでもじーっとしているめちゃくちゃくかわいい子(^^) 私が応援しているのは美人顔のサダエリコなんですけどね。3着でした。アンローズも好きよ。

今、ばんえい競馬を残すために出来る限りの行動をしています。今が勝負!そのためホッカイドウ競馬ファンの集いの話は少々お待ちください。

現在、帯広市では企業協賛があってもそれを受け入れる窓口がないようです。支援がある、という大勢の声がその門を開くかもしれません。
だからお願いです。帯広市にばんえい競馬を応援している、ということを伝えてください。「ばんえい見たことないんだけど…良く知らないんだけど」という方でも気後れしないで!多くの競馬ファンの声がほしいのです。
また、復活の奇跡はホッカイドウ競馬や他の地方競馬存続の力となるはずです。私もこのことが今後ホッカイドウ競馬を守るための参考になればと思っているし、そのための法改正なども考え、動き掛けるチャンスかと思っています。やはり公営競技としての競馬は限界だなぁというのが今の思いです。

詳しくはこちらのバナーから行ける記事をご覧下さい。
残そう!ばんえい競馬


応援バナーもあります。ブログなどをお持ちの方は貼っていただければと思います。
ばんえい競馬存続を希望します


十勝の有志が帯広市長に存続を求める署名活動を始めました。
一人でも多くの署名をお願いいたします。

<< 道営記念2・3着馬の出走! | HOME | トップサバトンとJC・JCD! >>
コメント

あえて、ここに初めて書き込みをさせてもらいます。
 
これから十勝管内の者、そして文化というより北海道の根底に魂としてあるべきはずのばん馬に愛着を持つ者、そして単純にそのレースが好きなだけのバカとして帯広市に送る存続要望メールを作成せんとするところです。
 
同じ十勝でも帯広市内の人間と私のような周辺町村の人間、そして市内でも市街地と郊外の人間では認識が違い、頭の中まで市街化調整された者には理解されないかもしれませんが、自分の表現しうる範囲で、かつ自然体で存続を、願わくば定着をも訴えてみようと思います。
 
あまり肩に力が入ると、何を訴えたいのかわからなくなりますからね。
【2006/11/29 Wed】 URL | 進化草 #8jSmZC0M [ 編集 ] ↑PageTop

初めまして。道営競馬FANで前から拝見させて頂いてました。

私もばんえい廃止は反対です。
JC当日も、北見記念を観たくてAibaに居りました。

北海道遺産に認めたのに開催に関しては一切関与しない道にも、憤りを感じています。

私は、ただただ無力な一般FANではありますが、存続に向けて出来る限りの協力はしたいと思っています。

FANの声を直に届ける事、売上に貢献する事、ばんえいを広める事…

ゆかさんも体調には十分気を付けて頑張ってくださいね。

一人一人の小さなパワーを集めて、大きなパワーに変えましょう。
【2006/11/29 Wed】 URL | まこ #- [ 編集 ] ↑PageTop

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/12/01 Fri】 | # [ 編集 ] ↑PageTop

進化草さん
やばやば、すっかりこちらのブログのコメントを忘れてしまっていた汗
ほぼ毎日?ばんえいのことを考えていると、自分の失いたくないものがわかってきたように気がします。結局はただ、自分の大好きなものってことで。
進化草さんさんは十勝の郊外の方なのですね。私は十勝郊外の景色というのが大好きです。何か落ち着く景色というか。ずっと馬のいる風景が十勝に残っていてほしいです。
って市街地人間ぽいセリフ(笑)

まこさん
すいません、お返事遅れて…はじめまして、ありがとうございます!
北海道遺産については逆に驚きです。簡単に修正してしまっていいものかと。
ばんえい競馬が今回のことでたくさんの人に広がる…残したい、という気持ちを多くの人が持つ、それだけでもよかったかなと。
どんなかたちにしろ、ばんえい競馬が一番いい方法で残って行けるよう、応援して行きたいと思います。頑張りましょう!

?さん
どうやって返事しよう…(笑)
報道の通りなんですが私も心配はしています。とりあえず私はファンレベルで出来ることを一生懸命していくだけなんですよね。
どのような状況でも、批判じゃなくて応援をみんなで出来るような状態であれば…と。
【2006/12/03 Sun】 URL | ゆか #KbwnoicA [ 編集 ] ↑PageTop

ばんえい競馬は三年前に初めて生で見ました!夏の終わりの岩見沢競馬場に札幌駅前のホテルから特急に乗って行きました。迫力があって、興奮しましたよ~!第一レースから最終レースまで一日楽しめました!岐阜市に住む私は、簡単に行く事が出来ませんが、笠松や名古屋で場外売りやる時は、行ける日なら確実に馬券買ってます。大井に旅行する時も、ふるさとコーナーで必ず馬券買います。ばんえい競馬は絶対無くならないで欲しいです!どんな形でもいいから残って欲しいです!あと、存続署名のメールも先ほど送りました。応援してます!
【2006/12/04 Mon】 URL | 龍牙 #- [ 編集 ] ↑PageTop
コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| HOME |

最近の記事


最近のコメント


リンク


Information


ブログ内検索


JBIS-Search


月別アーカイブ


Twitter

 


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


RSSリンクの表示


着グルマー★点取り占い


カテゴリー


QRコード

QR


(C)2006 つぶ串ひとつ, All Rights Reserved.
(C)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.